家庭菜園趣味

家庭菜園趣味をはじめよう!

 

家庭菜園は、どんな野菜を作ろうかというワクワク感から始まって、育てる楽しみ、そして新鮮野菜を食べる楽しみを味わえる趣味です。

 

育てる楽しみと食べる楽しみを味わいましょう。

 

家庭菜園

 

土に触れながら、額に汗をして種や苗から毎日手入れをして段々大きくなって、そして実がなり野菜になっていく過程が楽しみで面白いです。

 

自分が世話をして大きくなった野菜を食べて、ホントに美味しかった時は、こんな幸せな事はありません。

 

野菜作りから、料理やお手製漬物などを作ったらどんどん趣味が広がります。

 

実際に楽しんでいる人は、地方に畑を借りてる方や地元の自体から1u単位で畑を借りてる方などもいます。

 

しかし最もお手軽に楽しめるのがプランター菜園です。 庭の一部やベランダでも楽しめますので、まずはプランターで始めてみても良いでしょう。

家庭菜園の難しさと始めやすさ

家庭菜園の難しさと始めやすさでいうと、プランターで始めるととても簡単ですし、収穫までもいけます。

 

プランターは安いものでも何でも良いですが、ちゃんとした土と栄養分を買って、しっかりした種を用意すればまず失敗はしないでしょう。

 

あとは敷石とジョウロとシャベルまであれば取りあえずは始められます。 なので簡単と言えば簡単です。

 

でも、美味しい野菜を作ろうと思うと、そんなに簡単ではなくなります。

 

毎日の適量の水やり、害虫対策をしっかりおこなわなければいけませんので手間も掛かります。

 

それでもちゃんと食べられる様にするには、小まめなお手入れは必要です。

家庭菜園のお手軽度

★★★★のお手軽度は★4つです。

 

どの野菜を育てるかによりますが、育てやすい野菜を選べば簡単に育てる事ができるからです。

 

家庭菜園を始める為の道具類は1万円以内で揃います。プランターなどを揃えれば種や苗は100円〜です。

 

費用的には、そんなに多く掛かるものではありませんので、後は、家庭菜園を手軽に始められるかは、何を育てるかです。

 

始めは、育てやすい野菜から始めれば手軽に始められます。

家庭菜園の継続

家庭菜園の継続は、一生ものの趣味になります。

 

激しい動きが必要でもないし、特別体力を使うものでもないので、生涯を通じて楽しめる趣味になります。

 

土を手で触れる事で、指先を刺激する事でボケ防止にも良いですね。

 

家庭菜園は、シーズンによって作る野菜を変えて行くので常に楽しみ続きます。

 

年間を通して野菜カレンダーなどを作っていくと楽しみは続きます。

家庭菜園のお友達

家庭菜園のお友達は、自宅のプランターなどで家庭菜園を楽しむ分には、そこからお友達を作る機会は少ないでしょう。

 

ただ、家庭菜園を楽しんでいる人は多いので、同じ趣味を持つお友達はできる可能性もあります。

 

なかなか上手く育てられない時にアドバイスを貰ったり、上手な作り方などを教えてもらうとお友達の輪は広がります。

 

また、、野菜が豊作でたくさん採れた時には、ご近所にあげても仲良くなれるきっかけにもなります。

 

他にも、レンタルの畑を借りて野菜作りを楽しめば、畑のご近所が出来るので、お友達ができる環境はあります。

 

野菜作りは、趣味と実益を兼ねた趣味になりますね。

 

今はレンタル畑などもたくさんあって、手ぶらで畑に行ける便利な畑もあります。

 

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

 

貸し農園で家庭菜園をはじめてみましょう。

 

趣味のタイプと楽しみ

家庭菜園のタイプの趣味タイプは、毎日型+リフレッシュです。

 

野菜を育てるので、基本は毎日水やりをしたり手入れは必要だからです。とは言え、どんな野菜をどれくらいの種類作るのかによっても違ってきます。

 

作りやすいシーズンだけを楽しむのであれば、冬の間はやらない趣味になるからです。

 

いずれにしても、種まきや苗植えから収穫までは毎日楽しめる趣味ですし、土と触れる事で気持ちの良いリフレッシュできます。

 

あとは収穫のシーズンの新鮮な取れたて野菜を毎回食べられる事を味わえます。

 

そうなるともっと早く始めれば良かったと思う趣味になるでしょう。

家庭菜園はどんな物が必要?

家庭菜園でも、畑とプランターの楽しみ方があるので、それぞれの最初に揃えるべき道具を紹介します。

 

同じ野菜づくりでも、畑とプランター栽培では揃える道具がちょっと違います。

 

畑編

 

鍬(クワ)


畑の大きさにもよりますが、家庭菜園レベルなら刃の長さが20から30cm。平ぐわと呼ばれる柄と刃の角度が約60度の物を選ぶと良いでしょう。刃を長い物にすると深くは耕せますが、重くなるので体力に合わせて選ぶと良いです。

 

レーキ


鍬は解ってもこのレーキは解らない人もいるでしょう。柄の先にくし形の爪が付いた道具で、一度に広い範囲をならす時に使います。

 

スコップ


スコップは見たこともあるし、用途も土を掘ったりする時に使う道具と解ると思います。ただカタチによって違いがあって、先の尖ったのを剣スコといい、角形を角スコと言います。土を掘り返す時に使うのは剣スコです。

 

移植ゴテ


移植ゴテと聞くと解らない人もいると思いますが、小さなショベルと思っておけば大丈夫です。小さくても使う頻度は意外に多いので、軽くて使いやすい物がおススメです。

 

ジョウロ


ジョウロはシャワーのようになるハス口を選びます。容量は大きいと重くなるけど、小さいと何度も汲みにいく必要があるので、畑の大きさに応じて選びます。目安は広い畑なら2L、ベランダなら1Lくらいです。

 

園芸用ハサミ


ハサミは野菜の収穫時や整枝などに使います。錆びにくいものを選びたいので、ステンレスの刃を選びます。

 

麻ひも


ひもの素材は麻やビニールが一般的です。太さは2から3ミリくらいがベストで太すぎると野菜の茎やツルを痛めてしまいます。

 

メジャー

メジャーは畝(うね)の長さを計る時などに使います。ちなみに畝とは、畑で作物を作る時に、細長く直線状に土を盛り上げたところの事です。

 

支柱


育てる野菜の用途によって支柱を使います。木や竹でも良いですが、園芸用が耐久性的におすすめです。野菜によって長さを使い分けます。

 

石灰


育てる野菜に合った酸度になるように石灰を使います。土の状態や育てる野菜によって使う量が変わります。

 

堆肥


牛のふんなどを発酵させた動物性の堆肥です。植物性堆肥もありますが、野菜の土づくりには動物性堆肥が良く使われます。

 

肥料


野菜の成長に必要な栄養素をバランスよく含むものに科学肥料があります。野菜用の肥料を選びます。

プランター編

 

プランター


プランター選びは軽くて丈夫なプラスチック製が良いです。プランターの大きさや深さは作る野菜によって変えます。深さは、ほうれん草などの葉物は15cmくらい。トマトやナスは30cm以上です。

 

鉢底ネット


プランターの底に敷いて、水やりの時に土が流れ出るのを防ぎます。

 

鉢底石


鉢底石はプランターの底穴に土が詰まるのを防ぐために、土の下に敷く軽石の事です。

 

培養土


野菜用の腐葉土であればほとんどの野菜に対応しています。プランターに移すだけで栽培スタートできるので便利です。一つの野菜に特化したものもあります。

家庭菜園をはじめよう!

小規模で楽しみたいならプランターが一番です。ベランダでも栽培ができるので、お手軽ですし費用もあまり掛からないです。

 

ベランダというすぐ近くであれば、朝の採れたて野菜も食べられます。清々しい朝にベランダに出て、一番美味しい野菜をそのまま食べると、健康的にもなれそうです。

 

また、レンタル畑はプチ本格に野菜作りが楽しめます。レンタル畑は意外と多くあるので、近所にあればこのレンタル畑がおススメです。

 

教えてもらいながら野菜作りができるところもあります。

 

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

 

無農薬野菜作りを楽しむことが出来る「畑のレンタルサービス」です。

老後生活に便利?


このサイトの良いところは、老人ホームから介護施設を細かく探せるところです。
【探しっくす】

 



孫に口が臭いと言われてショックを受けた人も多いはずです。そんな人におススメ。
天然由来成分のスッキリ吐息

 



手ぶらでサポートしてもらいながら畑が楽しめるレンタル畑を探せるサイトです。
全国70農園展開中!【シェア畑】

 



ひざ関節には絶対にこれ!と言いたくなるサプリです。
皇潤極

 



老後には色々な事情で一人になっている事がありますが、恋愛に年齢は関係ない!という人に安心の楽天関連のサイトです。
50代からの結婚・パートナー探しなら
【楽天オーネット スーペリア】