将棋趣味

日本の将棋は、日本将棋や本将棋などと言われます。

 

相手の王様を取ると言うゲーム自体は世界中にありますが、日本の将棋は相手の取った駒を使えるという特徴があります。

 

将棋

 

元は同じで、そこから各国々でそれぞれ独自の進化をしたゲームです。

 

中国将棋やチェスなども元は同じです。

 

日本の将棋も原型は同じでも、日本の本将棋の最大の特徴は、相手の取った駒を使える事です。

 

これは日本の将棋特有の発展したものです。

 

日本の国民性があると言えます。

 

一説には、外国は捕虜を殺してしまいますが、日本は捕虜を自分の味方にした!

 

そこから、日本の将棋は相手の取った駒を、自分の味方の駒として使えるようになった。とありました。

 

大変興味深い内容です。

 

その結果が、日本の将棋を面白くしているのですね。

 

取った相手の駒を、好きなところに打てると言う特徴は、変化の多さを計り知れないものにしているのです。

 

ここが日本の将棋の楽しさですね。

 

40枚の駒がぶつかり合い、相手の王様を取った方(詰ました方)が勝ちと言うゲームです。

将棋の難しさと始めやすさ

将棋のルールは簡単です。

 

覚えるべきルールも多くはありません。

 

駒の動かし方も難しくは無いですね。

 

なんせ駒は8種類しかありません。

 

始めるにおいて特別な難しさはないゲームです。

 

小さな子供でも指すことが出来る事からもわかります。

 

そして将棋人口はとても多いです。

 

各地に将棋公園や将棋道場、TVゲームの将棋などもかなり沢山あるのでどこででも始め易い環境は整っています。

 

将棋の上達は実戦を積むしかありません。

 

入門書でルール・駒の動かし方・基本的な戦い方を覚えて実践を楽しむのが良いでしょう。

 

何か始めてみたいと考えた時に最も始めやすい趣味の一つです。

お手軽度

★★★★★

 

必要な物は、将棋盤に駒、後は学ぶための書籍程度です。

 

費用は、それぞれ千円くらいからあります。

 

将棋の対戦を楽しむ場所としては、将棋道場などがあります。

 

席料で一日将棋を指せて500円〜1500円くらいです。

 

道場によっては月極で8000円くらいでしょう。

 

道場と言っても、同じ段級くらいの人と将棋を指させてくれるところです。

 

特別な場所ではありません。

 

2人対戦ゲームですが、書籍と盤と駒があれば一人でも楽しめます。

 

テレビゲームやインターネット対戦もあるので自宅でも簡単に対戦を楽しむ事ができます。

継続

将棋はとても奥深いボードゲームです。

 

単純に飽きる事などはありません。

 

特別ハードな事などなく、頭を使うゲームなので一生楽しめる趣味です。

 

ご近所から、将棋道場、インターネット対戦とどこでも出来るので続け易い趣味と言えます。

お友達

道場などの将棋好きが集まる所に参加する事で、友達は簡単に作る事ができます。

 

昔は縁側で将棋をしていた風景などありました。

 

将棋とは、そのような魅力を今も持っているのです。

 

ご近所でも将棋仲間が増え易いです。

 

もちろん自宅でお友達と将棋を指すのも良いですし、将棋道場なども各地にあります。

 

道場?何か修行するのと思いがちですが、イメージとは全然違います。

 

単純に、将棋好きが集まりそれぞれのレベルで将棋を指させてくれる所です。

 

道場を使えば、息子のお嫁さんや妻に気を使わず一日遊べますし、お友達が出来やすい環境にあります。

 

将棋一つで、ご近所の末永いお友達も沢山出来ると思います。

趣味のタイプと楽しみ

趣味タイプ・・・毎日型+頭の体操。

 

毎日出来るので、メインの趣味になります。

 

スポーツやリフレッシュ趣味と組み合わせるとより充実した楽しい日々になります。

 

更に楽しみ方は、将棋は勝負どころと言うのがあります。

 

ここで一手違う手を指すだけで全く違う将棋になったり、勝敗を分けてしまう事もある所です。。

 

そんな一手一手を読んで読んでハラハラしながら対戦するのは、すごくドキドキして何とも言えない面白さがあります。

 

そんな将棋の対戦の楽しみと共に、将棋の魅力に感想戦があります。

 

一手目から指しながら『ここを指したらどうした?こっちの手の方が良かったよ!これが勝因だよ』などなど勝敗が決してからも、あーでもない、こうでもないとお互いが納得するまで、ずーとやってます。

 

この感想戦が、将棋を通じてお互いが理解し合えた様な親近感を呼びます。

 

将棋は感想戦も含めた楽しさがあります。

どんな物が必要?

将棋盤 と 将棋駒があれば後は必要はないですね。

 

 

一応将棋を趣味として楽しむ以上、盤と駒は必須と言えます。

 

数十万円する物もありますが、安いものは千円くらいからあります。 

 

あと、必要と言えるのが、上達用の書籍です。

 

入門書から始まって、戦法書や詰将棋などもあれば良いと思います。

 

戦法を覚えると面白さがもっと増してきます。

将棋趣味記事一覧

将棋道場とは、一日の席料を払って一日将棋を指させてくれる場所です。席料は、一日楽しんで500円から1500円くらいです。月極では1万円以下であります。お茶はフリーで頂けて、おしぼりくらい出ます。大きな道場はビルの一フロアを全部道場にしている所があります。そして、自宅の一室を道場にしている小さな場所まであります。大小さまざまです。一日中、冷暖房が整った部屋で将棋を指させます。将棋を指しておしゃべりし...

将棋を趣味として始めるのに、ルールと駒の動かし方は最低限覚える必要があります。将棋が上達するには、色々な人との対局が一番です。しかし、ルールと駒の動かし方も解らないのであれば始めようもありません。まずは、将棋の入門書で最低限のルールを覚えましょう!

将棋の戦法とは戦いの為の方法を解説している本です。将棋戦法はかなりの数があるので、それに比例して、戦法書もたくさんの種類があります。今でも新戦法なども生まれているので、戦法書は無数にあります。あなたの得意戦法を持つと将棋は最高に面白い趣味になります。戦法書は色々と紹介します。その中からあなたが興味のある戦法を学んで、得意戦法を見つけましょう。戦法書は、序盤から数手において最善と思われる一手一手を定...

仕掛け集や次の一手は?中盤の技の掛け合いなどの能力を付けるのに活用する書籍です。序盤が定跡や戦法の所なら、仕掛け集や次の一手はその次の中盤部分です。駒組みが終わるといよいよ戦いが始まります。中盤はどう有利に仕掛けて行くのかと、技の掛け合いみたいな将棋の面白い所です。次の一手は、練習問題です。問題を沢山解いて、感覚を身に付けると上達が早いです。どんどんチャレンジしてみましょう。

詰将棋は将棋の終盤力を付ける為の書籍!序盤から中盤を有利に戦っても、終盤力が弱ければ負けてしまいます。詰将棋は終盤力を付ける為になる書籍です。問題を解くだけでも楽しい本です。

将棋の棋譜とは、『8五歩・・・』などと記載されている書籍です。その棋譜の通りに指すと、プロの実践を再現できる書籍です。どう言う戦いだったのかが解って勉強になります。棋譜書には2種類あります。将棋年間などはプロの戦いが全部載っています。しかし詳しい解説は特に無く棋譜がズラっと載っている本です。もう一つは、名人戦7番勝負の様に、詳しい解説を載せながらその棋譜が掲載されている本です。どちらも上達には、役...

老後生活に便利?


このサイトの良いところは、老人ホームから介護施設を細かく探せるところです。
【探しっくす】

 



孫に口が臭いと言われてショックを受けた人も多いはずです。そんな人におススメ。
天然由来成分のスッキリ吐息

 



手ぶらでサポートしてもらいながら畑が楽しめるレンタル畑を探せるサイトです。
全国70農園展開中!【シェア畑】

 



ひざ関節には絶対にこれ!と言いたくなるサプリです。
皇潤極

 



老後には色々な事情で一人になっている事がありますが、恋愛に年齢は関係ない!という人に安心の楽天関連のサイトです。
50代からの結婚・パートナー探しなら
【楽天オーネット スーペリア】